« アクセス | メイン | 会社概要 »

会社沿革

1958年 本多美喜雄が、東京都品川区東五反田1丁目6番11号に『ミキオ 美容室』及び、ローヤル・ビューティーアドバイスサロンを開設。かたわら週間女性、主婦と生活、両紙の表紙デザインを担当する。皐月会館、渋谷のハッピーバレーにおいて、ヘアーショーを開催。
1963年 美容整形外科と共同で世界初、定着法による“液体二重まぶた形成化粧品”を開発、
フォーメーション・コスメティック(形成化粧品)のパイオニア、二重まぶた形成化粧品『ローヤル・アイテープ』を製造、通信販売を開始。
1965年 『有限会社 ローヤル化研』を設立。医療部外品の販売を始める。
1966年 3ヶ月も効果が持続する“10分間色素除消法”脱色美容剤『カテリーナ・ホワイト』並びに、けがや病気等で爪の無い人、もろい爪を保護する“人工爪”『メイク・ネイル』を開発。特許を取得、製造並びに販売を開始する。同年、問屋卸しを開始。
1975年 『株式会社 ローヤル美研』を設立、以後ローヤル化研の一部業務を移管する。
日本国内では初めての“脱毛美容を中心とした総合美容相談所”『ローヤルビューティーセンター』を開設する。
わが国ではエステ・ティック美容業界のパイオニア及び、技術開発のリーダーとして、各種化粧品並びに美容商材の研究開発に取り組む。
1976年 『K&M人工毛絨毛法』の開発に成功する。
“まつ毛パーマ美容”に着眼、研究開発に着手。
1981年 本多美喜雄の発案、研究による『UMウェーブ法まつ毛パーマ美容』を、世界に先駆けて実用化に成功。同時に日本並びに世界主要各国(アメリカ、イギリス、フランス、西ドイツ、韓国、台湾など)特許庁に対し、外国特許並びに実用新案の出願を申請する。
1984年 特許庁申請中の『UMウェーブ法まつ毛パーマ美容』の実用新案が、6月に公開される。
相前後して『世界初、まつ毛パーマ』を、日本国内の美容院及びエステ・ティックサロンに技術指導を開始。商品特性から、TV各局取材放映も手伝って、地域代理店及び加盟店は急展開をみせている。
8月には、業務手狭と開設以来の老巧化の為『ローヤルビューティーセンター』を、五反田駅西口野津ビルへ移設。二重まぶた形成化粧品の高級版『アイメイト二重』を発売、顧客層の広がりをみせ好評。
1985年 問屋、地域代理店、加盟店並びに通信販売向けに、新商品を精力的に開発。
1995年 トリートメントマスカラ「レナ」販売
2002年 関連会社ローヤル化研で、ニューローヤルアイテープのデラックスタイプ「ローヤルアイム」を開発販売開始。
2003年 ティーンエイジャー向けに「プチアイム」を開発販売開始。
2005年 まつ毛のトリートメントマスカラ「レナミューズ」リニューアル、ローヤルアイムのハーフサイズ「ヴィヴィットアイム」を開発販売開始。
2006年 ローヤルアイムに保湿成分を配合した「ローヤルアイムモイスチュア」、ローヤルアイムのお試しサイズ「ヴィヴィットアイムトライアル」、まつげ美容液 「恋まつげ」、レナミューズのお試しサイズ 「レナミューズミニ」を開発販売開始。
2008年

ローヤルアイムモイスチュアにリピジュアを配合した「ローヤルアイムリピ」を開発販売開始。

2011年

本社移転。
二重瞼形成化粧品「ヴィヴィッドアイムトライアル」販売開始。
弊社二重化粧品専用リムーバ-「ローヤルリムーバー」販売開始。                                              

 2012年  ローヤルプチアイムS(スーパーハードタイプ)販売開始。
 2013年 本多美喜雄社長死去。
代表取締社長に本多幸子が就任

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.r-b-c.jp/mt-tb.cgi/4

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2009年02月16日 16:37に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「アクセス」です。

次の投稿は「会社概要」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35